読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠すほどの爪なら無い

自分自身の、この自我というものが消滅することへの覚悟はできた。苦しみからの開放・・・。だけど、だけどあと少しだけ、続きが見たい…!

山本哲生氏著「名前で読める自己の運命A・B・C」の価値はいくらくらい?

話によると、300部自費出版して、売れたのは150部くらい、150部は売れ残りとなり、山本翁(山本哲生氏本人ではなく、サラリーマンの息子)はこの売れ残りをいかにして売りさばくかに頭を悩ませていました。1997~1998年ごろの話です。 そん…

恵心社 山本翁のへんてこ主張

「山本式姓名判断」とだいぶつの関係 山本式姓名判断は、故山本哲生氏の著書「名前で読める自己の運命A・B・C」の著書の内容に基づいた、姓名判断サイトです。無料姓名判断で集客し、新生児命名で荒稼ぎをしています。このサイトはほぼだいぶつが構築したも…

いわれのない金を払う必要はありません

<a href="http://tsume.hateblo.jp/entry/2014/01/06/092433" data-mce-href="http://tsume.hateblo.jp/entry/2014/01/06/092433">ボッタクリスナックから席料(ボックスチャージ)を取り返した話 - 隠すほどの爪なら無い</a> ボッタクリスナックから席料(ボックスチャージ)を取り返した話に挑戦的なコメントがつきました。 安い高いは店側が決める事であって、チャージ(席料)が掛かる事く…

著作権法の存在意義

著作権法は、著作者の創作性ある著作物を保護し、もって国民の文化の発展のために存在します。 著作権法 (目的)第一条 この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公…

弁護士の倒し方

弁護士を通して訴えられた! 悲観的にならざるを得ないような話ですが、弁護士も人間、絶対勝てないわけではありません。 まず重要なのは、「弁護士がなんのために働いているのか!?」と言うことを知ることです。 これは、100%、カネです。 社会正義と…

日本の民事司法は悪人天国

民事訴訟を経験して、結果的には敗訴的和解と相成りました。 扱っている内容が低周波音による被害と言うマイナーなものだったことが大きいのですが、加害者(建設会社)の不法行為(説明義務違反)を明確に立証することができませんでした。 計量証明の取れ…

低周波音裁判の顛末

さて、某地方工務店を相手取って争っていた低周波音被害の裁判の顛末ですが、忘れている方も多いと思いますので簡単におさらいします。 昨年2月に、「建築条件付き土地購入契約」(当該工務店による施工が条件)をする。 昨年4月に、「建築請負契約」をす…

第2回口頭弁論に行ってきました

以前言っていた新築住宅の騒音・低周波音の被害についてなのですが、幸運にも解決することになりました。スーパー側が騒音源となっている装置を全部撤去してくれるそうです。ただ、工事が大掛かり過ぎて、工事完了は来年2月です。 簡単に要約しますが、今年7…

内容証明郵便の意味

内容証明郵便は、平たく言いますと普通に「郵便」と考えてもらってよいです。 ひところはかなり制約があったのですが、今では枚数こそ5枚までという制約はあるものの、フォントやフォントサイズ、文字数、レイアウトなどフォーマットは割と自由にして良いよ…

権利の上に眠るものは保護に値せず

と言うことで、民事訴訟法を実践勉強中(笑)です。 まあ、今回の裁判は負けるだろうなと思っていて、半分酔狂でやっています。 ひとつには、法律(主に民事訴訟法)の勉強です。 民事訴訟法と言うのは民事裁判の手続きに関して定めた法律で、六法の一つなの…

反訴を提起しました

と言うことで騒音(低周波音)問題なのですが、結局個人で反訴することになりました。 審理は、最短でも1ヶ月毎なので、月1回有休ないし半日有休で出廷することはさほど負担ではありません。 準備書面は郵送ないしFAXで送ることも可能です。 と言うのも…

和解の方向を模索中

と言うことで、低周波音問題ですが、来年2月で解決することになったので、無責任工務店に対して、契約の取り消しを要求していたのですが、解決が約束されたいじょう契約の取り消しまでは無理でしょ(約束されなくても難しい)と言うことになってしまいました…

裁判は例外中の例外

いろいろと裁判(民事訴訟法)の勉強をしてきたのですが、結論としては裁判というのはとても例外的な特殊な紛争解決方法であるということが分かりました。 裁判をしようと思うと、裁判所に「証拠」の提出を求められます。裁判官は、訴えた人(原告)、訴えら…

騒音問題が解決することになりました

ここ2ヶ月、隣接するスーパーの空調・冷却装置と思われる装置からの騒音(低周波音)に苦しめられてきたのですが、いろいろと交渉した結果、騒音源である機器をすべて違う場所に移設することが決まったと連絡がありました(費用は推定ですが1000万は下…

弁護士に期待すべきもの

弁護士とお話をしたことは数えるほどしかないのですが、特に自分が被害者の立場で話をしたのは今年2月に記事にした「弁護士特約を初めて使いました」の件だけです。 正直、自分は論理的思考能力に関しては人後に落ちないと自負しているので、訴訟を起こす程…

債務不存在確認訴訟を起こされました

いまだ弁護士に委任していないのですが(とある弁護士に委任しようとしたのですが、理由不明のまま断られた)、その間に「債務不存在確認訴訟」を起こされてしまいました。 普通はこちら(被害者側)が「債務の履行」つまり金を払えという訴訟を起こすのです…

やっぱり弁護士に委任することにしました

訴訟の件ですが、やっぱり弁護士に委任することにしました。 最初は個人訴訟でも一泡吹かせてやると思っていたのですが、今回の件(住宅の瑕疵)については建築の知識も必要ですし法律実務(民事訴訟法、宅建法など)の知識も必要となります。不可能とは思い…

訴訟準備(内容証明、登記簿閲覧)もインターネットでラクラク

と言うことで訴訟の準備をしているのですが、相手会社(裁判で言えば被告)が弁護士を代理人にして安心してふんぞり返っているので、かなりムカつきました。 弁護士法上、代理人を立てた場合は代理人と交渉することになっていますが、弁護士法は弁護士にしか…

訴訟準備のため、ブログ更新が遅くなります

だいぶつです。 私事で民事訴訟を検討中です。 この準備のため忙しくなりますので、当面ブログの更新が滞ると思いますがご容赦ください。 また、民事訴訟の内容について、問題ないと確証が取れた範囲に置いて公開をしていきたいと思いますので、こういうのが…

人身傷害保険について

私は人身傷害特約の加入を強くお勧めしているのですが、その理由は自動車保険の特約の中で数少ない「自分のためになる保険」だからです。Yahoo!知恵袋の交通事故カテゴリのトラブルの9割が、これで解消されると言っても過言ではありません。 他の対人賠償・…

自動車保険のマメ知識

任意保険と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか? 以前Yahoo!知恵袋の「交通事故」カテゴリで回答していて、任意保険に入っていないがために事故に遭ってから困った、という相談があまりにも多く驚いたことがあります。 実際、任意保険の非加入率は意外と…

弁護士特約を初めて使いました

2月に妻が自動車事故に遭ったのですが、相手が無保険のじいさんでした。 かなりもうろくじいさんだったので「もうろくじいさんは運転するなよ!」と心の中では憤慨しながらも、冷静な対処を心掛けました。 事故自体はすれ違いざまにこちらの出鼻を相手にこ…