読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠すほどの爪なら無い

自分自身の、この自我というものが消滅することへの覚悟はできた。苦しみからの開放・・・。だけど、だけどあと少しだけ、続きが見たい…!

【統合医療】精神科閉鎖病棟への入院

去年の5月に発狂しかけて、精神科送りとなり、そのまま措置入院と相成りました。

1ヶ月ほどの入院ののち、症状が軽快したので退院し、その2ヵ月ほど後に復職し現在に至ります。その後も2週おきくらいのペースで通院は続いています。
私の症状はとりあえず置いておいて、今日は精神科閉鎖病棟と言うものについて書いてみたいと思います。

何が特徴かと言うと、一番は「外界との隔絶度」です。
もちろん、携帯等は持ち込み禁止。先のとがったものとかロープの類も持ち込み禁止。もっとも、持ち込みチェックの甘い看護師もいるんで持ち込もうと思えば持ちこめたかとは思いますが(笑)。

つまり、あまり情報が入ってきません。テレビはレンタル可能だったようですが、あまりテレビを観る気にもなれずホールにあるテレビ以外からは外界の情報が全く入ってきません。

完全に落ちていた私は、ホールのテレビすら何を言っているのか分かるようになるのに1週間以上は要しました。

良く、私と同じような症状に苦しんでいる人に「何もせず休めば治るよ!」と言うのですが、「何もしなかったけど治らなかった!」と文句を言われることが多いです。何もしないと言うのはネットもしないと言うことなんですが、この人はネットに書きこんでるわけだから「何もしてなくない」。

本当の意味で「何もしない」と言うのは、実はけっこう難しいのです。これが出来たら、あらゆる病に対して最高の治療薬となるのですけども。今落ちかけている人に、私はとりあえず「ネット(携帯含む)をやめる」事をお勧めします。もう、アカウントなんかも削除しちゃう。それでいい。

何もしなでいると、文字を見てもその文字が情報として頭に入ってこなくなります。文字を文字として認識しているうちは「何かしている」んです。「あ」を拡大してずっと見ていると、だんだんそれが「あ」と思えなくなってきます。これに近い状態ですね。

入院中はネットなんてどうでも良かった。今も、入院前よりずいぶんどうでも良くなった。今、私がネットをしても平気なのは多分そのせいです。

直接的な原因ではなく引き金に過ぎないんですけど、入院前もネットであれこれとやり取りがあって、まあいまよくこのブログをけなしている人のような人とバトルがあって、その結果病気が悪化しました。

今、そこまでひどくなく関係をコントロールできているのは、やはり入院したからだと思います。ま、薬の効果もあるのでしょうけど。

そして薬。ものすごく強い薬が出るイメージがあると思いますが、心療内科に行ったらごくフツーに処方されるような量よりずっと少ない量の薬しか出ません。

その理由は、多分入院中は肉体的にはそれほどしんどくない環境なので、薬を多量に処方する必要がないから。容体も24時間監視出来るわけだから、いきなり自殺される心配もない。なのでどちらかと言うと「少なめ」で様子を見られる。

なので、ちょっとしんどい時もある。でもベッドに横たわれば楽になるので、薬ではなく自分の体が病気をほんのちょっとづつだけど良くして行ってくれる実感が持てた。

この「自分の体が病気を良くしてくれている」実感を持つってことは、私の体験上とても重要な事です。病気を治すのは医者でも、薬でもなく、自分自身なんだということを、実感するのです。これが病気をさらに良くする好循環を生み出します。こうなると、病気は加速度的に良くなっていきます。

病棟は、狭いしトイレも汚いし、ときどき叫ぶ人とかも入るのであまり住み心地がいいとは言えません。
同室の患者が頭を剃ったりラジカセを鳴らしたりしたのも、ビックリすると同時に困っていました。何か言っても相手も病人なのでどうなるかわからないし。

とは言え、面会になれば普通に待合で話することが出来ますし売店で買い物もし放題だし、食べ物も持ち込み自由(ただし薬は市販薬や漢方でもNG)だったのでおやつを食べるのが楽しみでしたね。だから閉塞感はそれほどありませんでした。動く気力もほとんどありませんでしたし。

寝ているとき「怖い考え」に支配されそうになるんですけど、それに支配されないように、でも目をそむけないように、心を保つ努力をしていました。言葉にすると「死を受け入れる」ってなるんですけど、そんな生易しいものではないです。尋常な恐怖ではありませんでした。

風呂はとてつもなく熱く長風呂出来なかった。

それ以外はいたってフツー。何も特別な事はありません。面白くもなんともない。昼間は何もすることがないので、寝たりマンガ読んだり天風の本を読んだりしていました。あと日記も書いてましたね(直筆で)。そのうち公開しようかと思っていますが、まだ難しいです。

でも精神科病棟はいい所だと思います。心療内科をドクターショッピングしている人には、是非一度精神科に入院すると言う選択肢を考えてみて欲しいです。むやみに薬を使わないし、人権も想像しているよりずっと尊重されます。

心療内科をドクターショッピングした人によって「精神医療」への批判が行われ、精神科の評判が下がってしまうことが私にとっては一番心配です。ちゃんとした病院なら電気ショックとか変な治療は行いませんから、安心してください。