読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠すほどの爪なら無い

自分自身の、この自我というものが消滅することへの覚悟はできた。苦しみからの開放・・・。だけど、だけどあと少しだけ、続きが見たい…!

人身傷害保険について

私は人身傷害特約の加入を強くお勧めしているのですが、その理由は自動車保険の特約の中で数少ない「自分のためになる保険」だからです。Yahoo!知恵袋の交通事故カテゴリのトラブルの9割が、これで解消されると言っても過言ではありません。

他の対人賠償・対物賠償と言うのは基本的には「相手のためにしかならない保険」であり、自分には適用されません。まあ、莫大な賠償金を背負ったときにそれを払わずに済むと言う意味では自分のためになるのですが、お金が払われるのはあくまで「相手に対して」です。

一方、人身傷害特約は「自分に対して」支払われます。たとえば相手が無保険車だった場合、もちろん自賠責保険である程度は保証されますが自動的に支払われることはなく、加害者が自賠責保険会社に請求する必要があります。

酷い加害者の場合自賠責保険会社に請求してくれないとか見舞いにも来ないということが実は頻繁にあり、そういう場合は「被害者請求」と言って被害者自身が請求を行わないといけません。それまでの治療費はすべて自分で建て替えです。怪我した体にムチを打って請求を行うのは大変な精神的苦痛を伴いますし、相手に腹も立つでしょう。それも症状を悪化させかねません。

その点、人身傷害に加入していれば事は簡単です。あなたの保険会社に連絡すれば、治療費を(上限額の範囲で)すべて建て替えてくれます。相手への請求(自賠責への請求も含め)は保険会社がすべて代行してくれます。自賠責上限をもしオーバーしたら、保険会社が肩代わりしてくれます。

さらに、人身傷害には「自動車事故危険担保特約」を付帯することができます。これは、自分と家族全員の「自動車事故にまつわるケガ」を、上記同様に保障してくれるものです。

たとえば、ひき逃げは当然として、最近増えている自転車による被害事故のケガも保障されてしまいます。金額的には大差ありませんので、この特約はおつけするのがとてもお勧めです。

相手車両の自賠責保険から支払ってもらうことも可能なのですが、自賠責保険と言うのは最低でも相手の車両が特定できない限り払われません。したがってひき逃げは「泣き寝入り」になる可能性が極めて高い被害事故です。一応、政府保障と言うのがあるのですが、もらうのはとても大変だそうです。

しかも、人身傷害特約は保険を使用しても保険等級が下がらないのです。なので安心して使えます。経済的な意味もさることながら、安心してケガの養生ができると言う点で人身傷害特約はとても優れた保険なのです。治療費や慰謝料をちゃんともらえるのだろうか、と言うことを心配してケガがなかなか治らないような人もネット上では散見されますので、ヘタな医者よりも役立つかもしれません。

ただ、ひとつだけ盲点があります。それは「家族所有の車両を家族が運転している場合の運転者本人の怪我は保障されない」と言うことです。なので、夫婦で2台車をもっている人はそれぞれで人身傷害特約に加入しなければなりません。「自動車事故危険担保特約」については1台でも大丈夫なはずです。

私は最近搭乗者傷害を外しましたが、それは傷害保険に入っていれば基本的には不要だからです。治療費は上記した通り人身傷害でカバーされますし、ケガで通院すれば通院保険がもらえます。搭乗者傷害に入っていればダブルでもらえてトクなのですが、保険は損得で入るものではありません。リスク管理のために入るものです。

搭乗者傷害の日額払い(一日いくらで保険金をもらえるタイプ)を利用した詐欺まがいの「裏技」が流行した結果、保険会社としては搭乗者傷害はあまり入ってほしくないらしく、外すと結構な保険料の節約になります。正直、人身傷害があれば不要な気もするのですが、昔からある特約なのでにわかになくなるとは思えませんけどね。

最近では人身傷害の上限額が無制限のタイプも出てきているようですが、保険料が結構高額になります。実際には何億もの怪我(死亡)に遭うことはまれですので、費用対効果から考えると5000万円程度が妥当なラインではないかと思っています。