読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠すほどの爪なら無い

自分自身の、この自我というものが消滅することへの覚悟はできた。苦しみからの開放・・・。だけど、だけどあと少しだけ、続きが見たい…!

リニア・鉄道館

さいきん名古屋にできた「リニア・鉄道館」に行ってまいりました。(いや、最近じゃない?)

息子を立派な「こてつ」に育て上げるため、父も頑張ります。まあ、妻はもっと苦労していますが・・・。

しかし、到着までにかなり時間がかかったせいか(と言っても2時間ほど)、息子も微妙にビビっております。

微妙に損した気分な顔の息子 DSC_0157.jpg
中はとても広く、たくさんの車両が展示されていました。

弁天町の交通科学博物館に比べると、展示車両数が段違いです。しかし、残念ながら車両に立ち入れるエリアが微妙に限られていて、息子も少し物足らなそうです。特に、運転席に入り放題だった弁天町に比べ、運転席にはほぼ入れません。

仕方なく、夏休み特別企画でやっていた「運転席で写真撮影」と言うのをやりました。しかしながら、写真撮影がメインで運転台で遊びまくることはかなわず、やはり息子は損した気分に。

運転中の息子 0kei_unten.jpg
運転中は前を見ろと言うことで。

その後、N700系のシミュレーターを発見した息子は乗らせろと大騒ぎ。しかしこれは抽選なので乗れません。なんとか紛らわせるのに大変苦労しました。(そもそもアンタには運転できんやろ!)

我々夫婦が疲れてきたころにようやく場に馴染みだし、いろいろ車両を見て回り出す息子。
妻は疲れた様子なので私が見ていろいろ探検します。グランドひかりの食堂車とか初代0系の食堂車は見ごたえがありました。昔の寝台車(プルマン型の寝台客車)もあったのですが中は探検できず残念。

でも全般的に満足できるもので、妻も喜んでくれました。

その後、尾張温泉にある「尾張温泉東海センター」に行って温泉につかります。

ここは源泉100%かけ流し。源泉がドバドバかけ流されてドバドバ溢れています。ちょっと口に含むと甘い味がします。カランから出てくるお湯も当然源泉。すごく柔らかいお湯で肌がすべすべになります。

源泉温度50℃くらいのものと30℃くらいの2種類の源泉があるそうで、それを混ぜ合わせて加温も加水もない完全な源泉かけ流しを実現しているとこのと。周到な事にサウナ前にあった「水風呂」はぬるいほうの源泉を使用しています。暑い日だったので、こちらにずっとつかっていられるくらい。

なかなか優れた温泉でした☆☆☆☆と言ったところかな。名古屋近郊にこんないい温泉があるとは知らなかったです。

奈良にもいい源泉かけ流しはあるんですけど、移動にかかる時間は名古屋に行くより長いんですよね。
奈良県内の温泉では入之波温泉・十津川温泉郷がオススメです。文句なしの☆☆☆☆☆です。