読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠すほどの爪なら無い

自分自身の、この自我というものが消滅することへの覚悟はできた。苦しみからの開放・・・。だけど、だけどあと少しだけ、続きが見たい…!

婚活で陥りがちな罠

私は結婚前、奈良県が主催するお見合いパーティー「なら出会いセンター」をよく利用していました。

それでこのブログを見に来ていただいたり、質問をいただいたりすることがあるので、その件について今日は書きたいと思います。

カップリングパーティーに行くとたまに「人気投票」みたいなものがあります。

それでたくさんのポイントをゲットしてモテたみたいに思ってしまいがちなんですが、実はモテたわけではないのです。

これはあくまで「その場にいる人の中から強いて選ぶなら」という条件で選ばれているものですし、選ぶ方も大して考えて投票しているわけでもありませんから、実際の「モテ度」から考えるとかなりかけ離れた結果になることが往々にしてあります。

本当に人間的に魅力があり味のある人ほど、得票を得にくいと言ってしまっても過言ではありません。

最近離婚した友人のY君ですが、なら出会いセンターではモテモテでした。いつ投票を行ってもぶっちぎりのナンバーワン。

私がなら出会いセンターで知り合い「恋愛の師匠」とまで崇めるUさんは、Y君に得票では敵いませんでした。

Y君はパッと見温厚で、顔も悪くありません。しかし人間的な魅力はUさんの法が明らかに上です。
たぶん「安心感」だと思います。Y君は虚勢を張るのは得意ですが、その実自分に自信がない人でギラギラしたところがありません。そういうのを見て婚活女性は「安心感」を感じてしまうのかも知れません。婚活女性に対して率直に言ってしまうと「そんなんだから嫁き遅れる」んです。

だメンズウォーカーだかなんだか知りませんが、何でそんなことで結婚までいってしまうのでしょうか。結局、Uさんが結婚したその年にY君は離婚しました。

婚活パーティーの人気投票ほどアテにならないものはありません。

あれは、ビンゴなどのような一種の余興と考えた方がよいでしょう。