読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠すほどの爪なら無い

自分自身の、この自我というものが消滅することへの覚悟はできた。苦しみからの開放・・・。だけど、だけどあと少しだけ、続きが見たい…!

【統合医療】なぜ自殺をするのか?

最近増えていると言う自殺。

なぜ自殺をするのか、「うつ」が自殺の原因と言うが本当にそうなのか、自分もそうならないだろうか、という気持ちをもっている人もいるかもしれませんので、自殺を試みたことがある立場から、簡単に解説してみます。

まず、「死にたい」と思っている人は自殺しないと私は思います。

私は、最後の最後まで「死にたい」とは思いませんでした。「死ぬ」=「無くなる」と言うことです。そんなことを望む人はいません。

口で「死にたい」と思っていようと頭で「死にたい」と思っていようと、本当のところは死にたくない。それは誰でもそうです。生きている以上逃れようのないことです。

だから、「死にたい」と言う理由で自殺する人はいません。

正確に言えば「逃げたい」と言ったほうが近いでしょう。とにかく苦しいのです。この苦しみから逃れたい。

死んだからと言って逃れられる保証はないのです。完全になくなる事が保証されているなら私も死んでいたでしょう。しかしそれは保証されていません。この世に存在するものが完全になくなると言う事は、決してありえないことだからです。

木が燃え尽きても灰と二酸化炭素が残ります。形を変えるだけであってなくなることはあり得ません。

だったら、この「意識」と言うものが死んだからなくなると言う保証がどこにあるのでしょうか?

ただ、本当に苦しくて逃れたくて、他に思いつく逃げ道がないので、死んだら意識がなくなる可能性に賭ける。それが私の場合の「自殺を試みた理由」です。

実際に自殺をした人も、たぶん同じように思っていたのだろうなと最近は思います。そう考えると、そういう境地まで行きながら生還し、いま息をしていると言う事はとてつもなくかけがえのない経験だったのではないかと思います。

私には、あの苦しみがもう二度と襲ってこないと言う保証がありません。

しかし、私は思うのです。あの苦しみが再び襲ってくることよりも、苦しみが再び襲ってこず、そしてあの苦しみを忘れ去ってしまうことの方がはるかに恐ろしいのではないかと。

そして、逆説的にではありますが、それを忘れることが恐ろしいと言う自覚が、その苦しみに再び襲われることから自分自身を守ってもいるのです。

死の恐怖から人は完全に逃れることはできません。

そして不老不死になることも不可能です。

忘れ去ることも、おびえ続けることも、両方間違っているような気が最近はしています。