読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠すほどの爪なら無い

自分自身の、この自我というものが消滅することへの覚悟はできた。苦しみからの開放・・・。だけど、だけどあと少しだけ、続きが見たい…!

エコジョーズ+床暖房最強!

新築した家にはガス床暖房を装備しました。電気式床暖房は後からでも簡単につけられるのですが、ガス式床暖房は配管が複雑なので新築時につけないとコストが高くついてしまいます。これを選べるのは注文建築の数少ない利点のひとつです。

賃貸マンションで温水式床暖房など、札幌にでも行かないとお目にかかれないことでしょう。

給湯装置にはエネファーム(燃料電池)とかエコウィル(ガスエンジン発電)も選択肢としてはありましたが、あえて普通の給湯器エコジョーズを選びました。

エコジョーズと言うのは、普通の給湯器です。蛇口をひねると、火がついてお湯を沸かします。ただし、廃熱再利用回路が組み込まれているので熱効率が95%以上と言う優れモノです。旧来の給湯器は熱効率が80%程度で、エコウィルは85%程度、エネファームが90%程度と言う話ですから、実はエコジョーズが最強です。

料金面での優遇があるので、エコウィルやエネファームの方が月々の料金は安くなりますが、初期投資額(エコジョーズ:20万円くらい、エコウィル:80万円くらい、エネファーム:200万円くらい)を考えると、10年間のトータルで考えてもエコジョーズが一番おトクです。

ちなみに電気式給湯器エコキュートも100万円以上しますが、ガス配管を省略できる分工賃が安く済むため、新築時にはエコジョーズ=エコキュートとなっています。メンテナンス費用は明らかにエコキュート>エコジョーズです。さて、どっちが得なんでしょうね。

しかも、エコジョーズ+床暖房+ガス浴室乾燥機の組み合わせにすると、ガス料金が安くなります。どうやら、3割くらいは安くなるようで、冬季はもっと安くなるそうです。今月のガス代は、通常10000円くらいのところが7000円でした。

床暖房を入れているとファンヒーターやストーブをつける必要がありません。このため、場所をとりませんし、出し入れや給油の手間などもなくなります。いろいろな意味で、暖房設備としては最強です。

しかも、床暖房は暖まり方が自然で空気も汚れず、気持ち良いです。緩い岩盤浴に入っているような感じです。エアコンと違って空気は乾燥しませんし、足元から温まるので冷えのぼせもしません。「暖房が入っていることがわからないけど暖かい」と言う感じ、と表現したらよいのでしょうか?ここのところ部屋から出ると寒く「ああ、暖房効いているんだな」って感じです。

床暖房はほぼずっとつけていますが、そのガス代は多分2000円くらいではないでしょうか。灯油20リッター分くらい。意外と安いと思いませんか。実際、割安だと思います。

ガス浴室乾燥機も、電気式と違ってよく乾きます。厳冬期には浴室暖房もできます。

オール電化の方がエコロジーで安いと言うセールストークに騙された方々はご愁傷さまでした。原発事故で電気代は今後上がっていきますから、太陽光発電を載せないことにはエコノミーにはなりませんし、太陽光パネル製造時の環境負荷を考えると実はエコロジーですらないらしいんですよね。

これから家を建てようと思っておられる方は、エコジョーズ+床暖房+ガス浴室乾燥機、オススメですよ。