読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠すほどの爪なら無い

自分自身の、この自我というものが消滅することへの覚悟はできた。苦しみからの開放・・・。だけど、だけどあと少しだけ、続きが見たい…!

家が売れそうです

奈良の家がどうやら売れそうです。

ローン返済に窮しているわけではないものの、固定資産税含めると結構な金額になるので売れるのはうれしいです。

しかし、やはり得するというわけにはいきません。ちゃんと計算したわけではないのですが、買った時に払った金額からすると数百万は損することになりそうです。

ローンは残らないのでまあいいのですけど、納得いかないのはこの損失で税金の控除が全くされないことです。

ローンを完済してしまうと住宅ローン減税も受けられなくなりますし、まったく損な話です。

その一方で、印紙税やら固定資産税やらはしっかり取られるのですからたまったものではありません。

やっぱり、賃貸に出してローン減税を受けるのが一番得な気はするのですが、なにせ距離が遠いものですから事実上管理することは難しいので、売るのがベターな選択肢だとは思っています。

不動産譲渡益がもしあれば差し引きできるわけですけど、もともと不動産譲渡益には特別控除として3000万円の枠があります。

つまり、おおざっぱに言うと3000万で家を買って次の日に6000万円で売れば3000万円もうかるわけですが、その場合も非課税なのです。

どんだけハードル高いねんというか、要は実質的に不動産譲渡損で税金の控除は全く受けられないということのようです。

※5年以上住んでいる物件、ないし住宅ローンの残高が売却額を上回っている場合は控除の対象となります。私はこのどちらにも当てはまりません。

こんな税制では家が売れなくても当然だと思うのは私だけでしょうか?

中古不動産市場が停滞しているのも、税制の賜物なんではないでしょうかね。