読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠すほどの爪なら無い

自分自身の、この自我というものが消滅することへの覚悟はできた。苦しみからの開放・・・。だけど、だけどあと少しだけ、続きが見たい…!

山本翁からの自動選名機能実装依頼

山本翁が、山本式姓名判断サイトを私にタダで手伝わせて6年後、サイトの運用は好調でけっこう儲かっていたはずですが、収支報告は最初の10件以降ありません。

専務なんだから終始報告くらいして欲しいものです(笑)。そんな、いえないくらい儲かったんだろうか?

2004/8/9 山本翁の自宅メールアドレスから、私の自宅メールアドレスへのメール

サブジェクト:調子はどうですか?

○○くん

××です。

ご無沙汰していますが、その後の進捗状況は如何でしょうか?
こちらの作業は着々と進んでいます。

そちらのプログラミングに必要なHTMLファイル一式を送ります。
ファイル名とプログラム仕様書との関連は、仕様書に新たに赤字で追加し2.5版としました。
ざっと見直してみたのですが、もうお気づきのように引数が一部重複しているようで、
それも気づいた範囲で修正しておきました。

こちらの考えているスケジュールを下記致します。(あくまで希望です)

1. 夏休み中に既存サイトと同様の内容まで動かす。(こちらの作業)
既存サイト(www2.mahoroba.ne.jp/~kazu-y)は、過去6年間の垢が溜まり、
要らないファイルも沢山あり、今それを必要最低限に整理しております。
綺麗に整理して、「山本翁2」として新しいサイト(www.keishinsya.jp/okina/)に構築します。
既に「新生児の命名コーナー」は改修し、
「自動命名サイト」(baby3.html)へのリンクも作りました。

しかし、それにしても6年間で色々ファイルが増えました。
もはや、頭の中で管理仕切れなくなってきましたので、
Go-LiveCSというAdobeのWebサイト管理ツールを導入しようと、
マニュアルを読んでいるところです。


2. 8月末までに自動選名のプログラムを一通り動作させる。(○○くんへのお願い)
個人でもクレジットカード決済が使える決済代行会社を探したが、
先ずは「So-netのSmashサービス」を利用しようと考えています。
契約にあたり、先ずは実動作テストの審査があるようで、
クレジットカード無しで、一通り使えるサイトになっている必要がある。
それが通ってから、契約および決済仕様書が貰えるようです。

それには、www.keishinsya.jp/okina/baby3.html 以降を完成させて戴く必要があります。

なお、データは全て本番と同じなので、
第三者に勝手に使われても困るので、www.keishinsya.jp/okina にはベーシック認証
本来クレジットカード課金が入るところには、カスタム認証を設けて欲しい。

カスタム認証は、私と○○くんは共通でも良いので、回数制限なし、
So-netさんは、10回までの制限付きでお願いします。


3. 10月1日のオープンを目指す。
まあ、審査およびクレジット決済連携のプログラム作成、テストとステップはあるが、
10月には、何とか「山本翁2」をオープンさせたいです。

それと2点、お渡ししたデータの修正をお願いします。(ファイル転送は控えます)
・「命名画数対応表2.xls」のSheete4ですが、
A列の14-21と書いてる行ですが、データが間違っています。
Cが2-4、DとEは無しが正しいです。
※余裕があれば、チェックプログラムを作って、点数をはじき出せば一発で間違いは判るのですが?
手動だともはや限界ですね。

・「命名具体例3.xls」のSheet3ですが、
B列の3-13と書いてる行ですが、Cのデータが一部間違っています。
「大暉=だいき、久耶=ひさや、士義=ただのり、丈寛=たけひろ、大聖・大勢=だいせい、大裕=だいすけ、丈耶=たけや、丈嗣=たけつぐ、久琢=ひさたか、久義=ひさよし」
に修正してください。


まあ、勝手な事を言いました、何かあれば連絡ください。

姓名判断システムをタダで作らせて味をしめた山本翁は、またぞろシステムを無料で作らせようと上記のようなメールを送りつけてきました(大量の添付ファイルは全てAdobe GoLiveで作ったHTMLファイルでCGIプログラムは含まれていない)。

初回もタダ働きだったのに今回もお金をもらえるとも思えず、本当は「新しい依頼するなら、せめて初回の報酬くださいよ」といいたいところだったのですが、会社の先輩ですし、「君の希望する部署に転属できるよう便宜を図る」とか適当なこと(一度も実現せず)も言われていたので、私もかなり悩みました。

今回は「成功報酬20万はずむ」という話だったのですが(なにがはずむんだろう)、正直本当に出来てももらえる保証はないし、だいたい安いですよね。

なぜ彼が私以外の人間に依頼しないのか?それは、彼がシステム開発の対価を安く見積もりすぎている部分が大きいからだと思っています(最初にただで作ってやった私も悪かったのですが)。彼の言い値でシステム開発を請ける業者など存在しませんから(IPAのプロマネとかで資格だけ取ったようだけど、プロジェクトマネジメントの才能はゼロです)。

タダで作ってやる気はなかったので、最初は自分でプログラム言語を覚えさせて自分で作れるようにさせようと教育したのですが、出来の悪い生徒で覚えられず、仕方なく私が自分で作ってあげていたのです。上記のメールを見てもわかるように、出来るようになるまでしつこくメールで「質問」「教えてください」とか言ってきて、こっちが折れて仕方なくただで作ってあげる羽目になるわけです(執拗に聞かれるのが面倒なので)。

ま、本当に「勝手な話」です。

で、彼は自分の都合が悪くなるとすぐに「メール爆弾はけっこう」とか言い出すのだけど、このシステムを作るときに大概巨大なメール(画像ファイル付きなど)を送ってきていて、それこそメール爆弾ですね。