読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠すほどの爪なら無い

自分自身の、この自我というものが消滅することへの覚悟はできた。苦しみからの開放・・・。だけど、だけどあと少しだけ、続きが見たい…!

山本翁の迷惑行為にうんざり

最近、山本翁に粘着されてやや辟易しているだいぶつです。

まあ、白状すると「あじあ姓名うらない」は山本翁に嫌がらせするために作ったサイトなので、当初の目的は成功したわけですが、彼の想像以上の偏執狂っぷりは予想外でした。このサイトを発見した山本翁はさぞ驚いたことでしょう。弁護士に相談にまで行ったそうですから。

Facebookのタイムラインで「著作権法は懲役10年がどうたら」とか書いているので、ああ、気付きよったなって思ってたんですけど、むろん無視してました。

しかしながら、結局弁護士代が惜しいので裁判も起こせず、だからといってあきらめるでもなく、私に詫びを入れるでもなく、ときどきネットで嫌がらせをしてきます。

Googleに削除依頼を出したり、Wikipediaに匿名で投稿したり、捨てアカを作って非難のメールを送ったり(別に送信アドレスブロックなんてしてないですよ!直接送ってこいよです)もう笑うしかないような展開です。もうろくした脳でよくこれだけがんばっているよなと思わずほめてあげたくなりそうです。

どうせならDDoSでもかけてこいよなー。サイバーポリスにすぐ引っ張ってもらうけど。

しかしプログラマーとしては3流、ハッカーとしても3流ですね。プロマネの資格も所詮お飾り。実際のプロマネ経験はありません。姓名判断サイトなんて星の数ほどあるのだから、いちいちしょうもないことに反応しとらんで、自分のサイトを改善しろといいたい。ここ何年かグラフとかはまともに見れないし、今回グラフ作成時の検証のために表示されるようにしたけど、プログラム作るよりたいへんだったよ(見れる人います?)。

だいたい、たいしたことねーよ。山本式姓名判断。私がサイト作ってやらなきゃ出来てなかったし。あの時期に出来ていたから、今それなりにアクセスがあるんだぜ。わからないかなー。全て私のおかげです。その後、セコセコとSEOやらなにやら必死でがんばっていて、その成果だと思っているようだけど、すべては自動姓名判断。それを迅速に立ち上げられたこと。私の助力なくそれが出来たのか?しかも、その後10年以上ひとことも「山本翁は私の弟子でサイトをただで作ってやった」なんていわないで置いてあげた。

その後、クレジットもまともに入れてないから、ムカついてホームページで晒しましたけどね。

人気にあやかるって(笑)。あやかれるもんならGooleとかFacebookとかLINEの人気にあやかりますよ。ギャグか?残念ながらいまは「隠すほどの爪なら無い」のほうが「山本式姓名判断」よりヒット数多いんじゃないかな?メルマガユーザーも多く見積もって200人くらいじゃないですか?

で、2回目の依頼のときにスゴい違和感があったのは、1回目の金もらってねーじゃん、って言うことももちろんあったのですけど、私やる気だったんですよ。すごく。タダでですよ。でも、なんだか山本翁は高飛車になって、「オレ様の書いた仕様書どおりやれ!」って愚にもつかない仕様書を出してきよったんですよね。当時素直だった私はその通りにやろうとしたんだけど、どうもうまくいかない。今考えたら仕様書がおかしかったんですよ。無視して、勝手につくりゃ簡単に出来たんです。

1回目は何もないわけだから山本翁も下手だったし、ことあるごとに「ご飯おごろうか?」(っていちいち言わんと黙っておごらんかい!)とか、セコい彼なりに気は使っていたのだけど、2回目はそこそこ儲かってきたせいかすっかり天狗になって、「手伝わせてやらんこともない」みたいな感じだったわけですよ。

それがまー、今にして思えば私がやりたくなくなった原因なんだろうな。

実は、同じ職場で働いていますので、彼はいつでも私と話が出来ます。しかし、彼から直接声をかけられたことは、ここ数ヶ月ありません。こちらからも声はかけませんが。

まあ、いい加減うんざりなんで辞めようかなという気がしないでもないのですが、やっぱり負けた気がするので、彼が詫びを入れてくるまではサイトを閉じるつもりはありません。

だってそうでしょ?タダでやってもらった人に対して実力行使で「やめないと訴えるぞ!」と脅しをかけてきたんですよ。普通、「頼むからやめてくれないか?」って言うものではないですかね?

「あじあ姓名うらない」のファンの方は、せいぜい彼が「詫びを入れないよう」祈っておいてください。まあ、その心配は当面ないでしょう。

まあ、これだけうんざりな思いをさせられて、それで終わりなのはなんか損した気分ですので、せいぜい「山本翁」ネタで盛り上げさせてもらって、対価を回収しようと思います。