読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠すほどの爪なら無い

自分自身の、この自我というものが消滅することへの覚悟はできた。苦しみからの開放・・・。だけど、だけどあと少しだけ、続きが見たい…!

奈良に帰れとうるさい山本翁

ねちねちと、しつこくうっとうしいので、ハッキリ書いておきますが、私はしばらく奈良に帰る予定はありません。

福岡は住みやすいのか? - 隠すほどの爪なら無い (旧ブログへのコメント)

福岡の魅力をお伝えします? 魅力はあら探しの間違いですか。

ご家族全員気に入らない福岡に我慢して、お住まいになるより、早く新天地を探すか奈良におかえりになる方が、あなた様の精神衛生上良いかと思われます。
自分自身の問題を福岡のせいにしても、何の解決にもならないかも知れません。

どうぞ、お大事になさってください。

おかげさまで(注:私たちの自助努力の結果)、地域コミュニティにも足がかりができ、妻にも福岡のママ友ができました。福岡のママ友といっても、境涯は似たようなもので、福岡土着民はほとんどゼロです。ママ友には2パターンおり、

1)九州の地方からの福岡への転居者

2)首都圏・中京圏・関西圏からの転勤(赴任)者

が大半を占めます。実は、福岡生まれの福岡育ちという人には、なかなかお目にかかれません。

私の息子は今年年長です。つまりその翌年は小学校に上がる事になります。幼児教育を奥様に丸投げで全く何もしてきていない山本翁さんには多分分からないでしょうが、この時期はとても重要な時期です。私が引越しをする事により、息子が生涯引きずるほどのダメージを受けることも十分考えられます。安易に引越しをしろなどと、言わないでください(引越し代出してくれるんでしょうか?息子の人生の責任を取ってくれるんでしょうか?)。

私自身は福岡からも逃げ出したいですし、ヘボい人が取締役をしている今の会社からも逃げ出したい気もしますが、もとは私の勝手で転勤してきたのですから、これ以上私の勝手で家族に迷惑をかけることはできません。なので、この先当面私は我慢して福岡に住み続けます

とはいえ、我慢して住み続けるだけでも能がないので、私は自分の居場所を居心地のいい場所に変えて行こうと思っています。福岡に住む以上、福岡のしきたりに黙って従うか、あるいは気に入らなければ別のところに行く以外にないなどとというのは、稚拙な思い込み以外の何物でもありません。私が我慢して住み続けると決めた以上、可能な範囲で福岡にも変わってもらわねばなりません(良いところは変える必要はありませんが、悪いとハッキリしていることは帰るべきです。これは、私の住んでいるところが福岡だろうが夕張だろうが、全く変わらないことです)。そのためには、今悪いと思っているところを遠慮なく指摘しなければなりません。耳が痛い人もいるでしょうが、私が書いていることはほぼ事実です。少なくとも私自身がそう感じたということはゆるぎない事実です。

山本翁さんのように、自分の都合のため、言論操作のため、あらゆる手段をいとわない人は、書いている言葉が軽い。私は、それなりに責任感を持ってブログを書いています。あなたのように、いつでも吐き捨てられるように、息を吐くように嘘はつきません。私の書いているブログ記事は、全て事実です。私がそう感じたという事実を書いています。

そして、そういう責任を持って発せられる言葉は重いのです。だから、少しづつですが、効いていると思いますよ。私の言葉に反感を感じる人は、耳が痛いのです。そして、福岡はちょっとづつですが良くなってきています。むろん、私一人の手柄というつもりはありません。しかし、あなたのような人には福岡を変えることはできない。いつでも奈良に帰れる保険付で来ているあなたと違い、私は片道切符で来ています。帰省手当も出ない。文句はありません。私が望んだことです。

一方、あなたは月2回、会社の金で奈良に帰省している。あなたが帰省している間、私がどこにいるか知っていますか?福岡です。私は紛れもなく、福岡で生活している。仮住まいのあなたとはワケが違う。選挙権もある。

あなたに、福岡の文句を言う権利はない。客人に過ぎないからです。しかし、私は住人なのですから、文句を言う権利がある。というか、住んだうえで言っていることだからこそ、それが世の中を変える力につながっていく。

もともと、東大阪生まれのあなたが奈良に来て「田舎だ」と吹聴し、それが原因で家族が苛められたのか(それでわざわざ、香芝から榛原に引っ越したのか)、それは知りませんが、そういう目に遭うのは「キチンと住んでいない」からなんですよ。いくら出世しても子どもにリスペクトされないのも「キチンと子育てにコミットしていない」からなんですよ。

あなたという存在自体が、軽い。