読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠すほどの爪なら無い

自分自身の、この自我というものが消滅することへの覚悟はできた。苦しみからの開放・・・。だけど、だけどあと少しだけ、続きが見たい…!

【統合医療】首の骨をゴキゴキ鳴らしてはいけないか?

時折、医療系ドキュメンタリー番組などで整形外科医が「首の骨をゴキゴキ鳴らすのはあまり良くない」と言った旨のことを言っていたりします。

本当に、首の骨をゴキゴキ鳴らしてはいけないのでしょうか?

自力整体を実践すれば分かることなのですが、関節をゴキゴキ鳴らすことは別に悪いことではありません。

ただ、関節には緩める順番があり、その順番を守らないと腱や筋肉を痛めたりする原因になりますので、むやみにゴキゴキしてはいけないと言うことは事実です。

他人の力で首の骨をゴキゴキ鳴らすのは、神経を傷付ける恐れがありますので資格のあるカイロプラクター(と言っても国内では公式の資格が整備されていないので、信頼できる民間資格や国際資格は限られます)や整体師以外にやってもらうのは危険と言っていいと思います。

ちゃんとした施術者であれば、無暗にゴキゴキすることが少ないことは事実ですが、まったくゴキゴキしない事はないと言っていいでしょう。

自分の力・体重で関節を鳴らすと言うより「伸ばす」感覚で、ゴキゴキッ、とくるのはほぼ問題ありません。

体を緩める順番については、基本的には「下から」です。矢上式自力整体ではまずおなかの筋肉を緩めます。そして手首・腕・肩甲骨と緩めてから頸と言うことになります。

いきなり頸を緩めようとするのは、順番的にも間違いだと言うことが分かります。

注意点としては、緩める際に緩める部位の筋肉が緊張していてはいけない、と言うことがあります。つまり、「頸の力で首を回す」のはあまり効果が出ません。筋肉が弛緩している状態で、自重を利用して気持ちよくうまく伸ばせるポイントを自分の感覚を頼りに探し出します。

最初は弱く、気持ちよければ、気持ちよさを味わいながら徐々に強くしていきます。

この際に「ゴキゴキ」音が鳴っても、問題はありません。というか、固まっていた筋肉が緩んだ証拠ですので(何回やってもゴキゴキ言う人は相当固くなっています)、安心して構いません。

痛みやつらさを感じるようなら、すぐやめてください。

このように、一概に「首の骨をゴキゴキ鳴らすのはあまり良くない」と言うことはありません。

人体には、何事も一概にアレはダメ、これもダメと言うことがありません。たとえば、前近代的医学がばらまいたデマに「塩分を摂りすぎたら高血圧になる」と言ったものがありますが、適正な塩分量と言うのは個々人によって異なりますし、塩分を摂らな過ぎれば逆に体調を悪くすることもあります。

また、摂り過ぎたら摂り過ぎたで排泄作用が働いたり、不足すれば辛いものが欲しくなるなど、調整作用も人体は持っています。

それだけ、人体は柔軟性をもっていると言うことです。その柔軟性を最大限に取り戻すのが自力整体です。

なので「ゴキゴキ鳴らしてはいけない」という強迫観念にとらわれることなく、自分の体のもっとも気持ちいい状態を追求して行ってください。それが健康への近道となります。