読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠すほどの爪なら無い

自分自身の、この自我というものが消滅することへの覚悟はできた。苦しみからの開放・・・。だけど、だけどあと少しだけ、続きが見たい…!

「あじあ姓名うらない」を閉める条件

山本翁のサブアカウントからのメールです。

会社には感謝するが、恨み等など一切ない。
貴様のように帰属意識は低くない。そこは一緒にしないでくれ。 

まあ、せいぜい会社と心中してくれという感じですが(会社がオマエを恨むの間違いじゃないのか?というツッコミはさておき)、参考までに以前、山本翁から送られてきたメールを晒しましょう。

今を振り返れば、何のために32年もシoープというくだらん会社に居たのか、
もっと早くしたら、どんなに有意義な人生だったかと悔やまれるばかりです。

それはギャグで言っているのか・・・?(笑)

で、山本翁の舌先大王は今に始まった事ではないので面白くもないので、本題。

あじあ姓名判断を閉めろや。

それで一切を水に流してやる。 

よほど閉めて欲しいようです。

それで、こんなこともほざいています。

山本式姓名判断が流行したのは、プログラムの御陰ではない。
無料で、悩める人に丁寧にアドバイスしてきらからよ。
人が人を呼ぶ、そのれがマスコミに伝わり、更に人を呼ぶ。
インターネットとはそういうもんだ。

では、こうしましょうか。

「だいぶつ」の作成した全てのソフトウェアの著作権は、だいぶつに帰属します。山本翁サイトのCGIプログラムは、だいぶつが著作権を保有しています。したがって、15年以上にもわたり山本翁は公衆送信権を侵害しております。

今まで黙認してきましたが、山本翁からは開発費の支払いもロイヤリティの支払いも行われておりませんので、公衆送信の停止を求めます。現在、「山本式姓名判断」のサイトで使用されている、だいぶつの作成したソフトウェア全てを直ちに破棄してください。

サイトから自動占いの機能を省くか、自分で再開発するか、「守秘義務をタダでもきちんと守る開発会社」とやらにやらせてはどうでしょうか(笑)。その際、人の作ったプログラムは参考にしないでください。出来れば違う言語で書いてください。

自動占いの機能を省いたって大丈夫でしょう?山本式姓名判断が流行したのは、プログラムの御陰ではないって自分で言ってるじゃん(笑)。だいじょうぶ、アンタの舌先三寸だけでも繁盛しますよ、きっと。

上記対応が確認でき次第「あじあ姓名うらない」は閉めてあげましょう。おっと、勘違いしないでね。山本哲夫氏の著作権を、だいぶつは侵害してはおりませんが、面倒ごとはごめんですので、ご希望通り上記だいぶつの著作権侵害状態が解消されることを条件として、善意で閉めて差し上げるだけです。

人の著作権は盗みっぱなしで、自分だけ盗まれたとの主張は、大抵の人には理解してもらえないでしょう。

上記の対応をするしないは(無いとわかっているが)山本翁さんの良心に任せましょう。でも、上記の対応をしないということは自分の山本式姓名判断が流行したのは、プログラムの御陰ではないとの主張を否定している(プログラムの有用性を認めている)ことに他ならない、ってことはわかってほしいものですね。

そして、山本翁さんが上記対応をしないならあじあ姓名うらないの存在を公に認めたものとみなします。したがってサイトは閉じません。

ま、お得意のダブルスタンダードを露見させられた体ですね。せいぜい考えてください(笑)。