読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠すほどの爪なら無い

自分自身の、この自我というものが消滅することへの覚悟はできた。苦しみからの開放・・・。だけど、だけどあと少しだけ、続きが見たい…!

IP電話サービス Fusion IP-Phone SMART

BIGLOBE 3Gを入手したので気を良くして、IP電話サービスを物色中です。ま、と言ってもあまり電話はしないのですが、何かのイベントのときに電話をかけ過ぎて携帯料金がバカ高くなってしまうことがあり、安く電話できる手段を確保しておくにこしたことはありません。

スマホであればSkype outを使って通常の番号に電話したりもできるのですが、どうも最近Skypeは下火気味ですし、音質の面でも以前のトラウマがあり、あまり食指が伸びません。

そのうちLINEとかでも電話ができるようになるのでしょうけど、相変わらず「ちゃんとした電話」との通話がいつできるようになるのかは不明です。

そこで「ちゃんとしたIP電話」つまりiPhoneやAndroid携帯が標準でサポートしている「SIPフォン」というものを探すことになります。

昨年末くらいにNTT Communicationsが「050 plus」と言うIP電話サービスを立ち上げたので注目していたのですが、月固定315円かかってしまいます。そして最近、Fusionが「Fusion IP-Phone SMART」と言うサービスを開始しました。

これは登録料・月額料無料というなかなかの神サービスです。電話料金も携帯に比べるとずいぶん安く、30秒8.4円です(携帯・固定電話同額)。私は携帯の月額980円(1050円の無料通話つき)のコースを使っていますが、これは30秒21円もするのであっという間に無料通話を使いきってしまいます。

050 plusの方が電話代はずいぶん安いのですが、あまり電話をしないので固定費はないにこしたことはありませんし、何より気軽に登録できます。早速登録してみました。

まずFusion IP-Phone SMARTに登録します(クレジットカード必要)。

私はXperia acroを使っていますが、「設定」⇒「通話設定」⇒「アカウント」から「アカウントを追加」して、Fusion IP-Phone SMARTのサイトを開くと表示される情報を登録します。

そして、「設定」⇒「通話設定」⇒「通話方法」で「ネットワークアクセスでSIPを使用」ないしは「常に確認する」のどちらかを選べば、発信時にFusion IP-Phone SMARTでもらった050番号での発信が可能となります(「常に確認する」にした場合は、発信時に「インターネット経由」を選びます。このときの通話料金はFusion IP-Phone SMARTに対して払います。

家族割を組んでいる人あてには携帯電話網経由でかけないと損なので、現実的には「常に確認する」がベターでしょう。

同じ番号で電話を受けるには、「設定」⇒「通話設定」⇒「アカウント」で「着信を受ける」にチェックを入れるのですが、メニューの下にも書かれているようにこれは著しく電池使用量を増やしてしまいますので現実的ではありません。2~3時間で電池がスッカラカンになってしまいます。

着信があった事をSMSで知らせてくれたりするIP電話サービスもあるそうなのですが、Fusion IP-Phone SMARTにはそういうサービスはないようです。どうやら、発信専用サービスと割り切って使った方がよさそうです。

電話は受ける分にはお金がかかりませんので、待ち受け用には携帯番号、発信用には050番号と使い分けるのがいいのかもしれません。