読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠すほどの爪なら無い

自分自身の、この自我というものが消滅することへの覚悟はできた。苦しみからの開放・・・。だけど、だけどあと少しだけ、続きが見たい…!

NHK受信料を強制的に取られない方法

ここのところ、契約を結んでいないのにNHK受信料の支払いを求められるという判決が立て続けに報じられています。

NHK受信料を絶対に払いたくない人は心してほしいのですが、我々(不払い者)には厳しい時代がやってきました。迂闊なことは一切NHKに言ってはなりません。

私がブログで書いているようなことを聞きかじってなまっちょろい気持ちで不払いしている人もたくさんいるようなのですが、そういう方には後で泣きごと言うくらいなら黙ってNHKと契約してください、と言います。

まず、テレビの所有を認めない。携帯もiPhoneでテレビは見れない。車にナビも付いていない。これが基本的な心構えです。そして、NHKの集金人には「今忙しいので出直せ」と言って追っ払います。

決して「テレビは持っているけど契約しません」などと言ってはいけません。

最近の裁判の傾向では、テレビを持っていることを一度認めてしまうとあとからそれをひっくり返すのはとても困難だからです。「最初から持ってないし、今も持っていない」のスタンスを貫かないといけません。

これは法律が変わったわけでも何でもないのです。裁判官は「一般家庭にはテレビがあるのが常識」という心証を持っているということです。なので、テレビがない側がないことを立証する必要が今後生じる可能性があるのです。

テレビがある証拠さえ押さえられなければ大丈夫なのですが、最近のNHKは盗撮したり無断録音したりといった迷惑防止条例違反の行為を平気でしてでも証拠を押さえようとしてきます。

念のため、集金人が来た日時とテレビは金輪際所有したことがないことを記載した書面をNHKの支局に内容証明で送りつけておきます。

この方法を取れば、ほぼ確実に訴訟を起こされることはなくなるはずです。

現在訴訟を起こされているのはだいたい脇が甘い人たちです。
相応の覚悟で不払いを貫きましょう。